CLUB TOPICS

スマイル倶楽部の最近の出来事です

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

第79回フォーラム@仙台
2017/07/23

2017年7月22-23日の両日、第79回フォーラムを仙台市デンツプライ・シロナのショールームにて開催した。

初日1番目は、東北大学歯学部歯科法医学講座の准教授・鈴木敏彦先生から「歯の形態からみた日本人の成立」と「歯科法医学の現状」についてご講演いただいた。
つづいて二番目の講師として、東北大学歯学部顎顔面口腔外科学講座の助教・川井先生から「骨増生の新素材OCPコラーゲン」についての講演をしていただいた。
懇親会は久しぶりにエスカイヤクラブで、ウサギの動物実験。決して解剖などは致しませんでした。
2日目は、秋田県で開業されている若手のホープ・佐藤洋司先生から「インプラントの審美修復」についての講演。豪雨の為に、その日のうちに秋田に帰れないという状況下でありながら、とても丁寧に講演をしていただいた。

詳細は 
http://www.takagi-dental.net/blog/archives/2017/07/post_1000.html

第78回フォーラム@山形
2017/04/16

2017年4月15-16日の両日、山形市アイナリースクエアにおいて第78回目のフォーラムを開催した。
初日は、山形大学の准教授、大村先生(地域教育学部)と天野先生(人文社会学部)からそれぞれ御専門の「小児の心理」、「北方領土問題」についてご講演をいただいた。日頃聴き慣れた歯科のテーマとは若干距離感はあるが、現在を生きる歯科医として、そしていち社会人として知っておくべきこと、考えていくべきことを学んだ。
ホテルキャッスルでの懇親会をはさんで、二日目は南陽市でご開業の黒江敏史先生から「非う蝕性歯頸部欠損」のテーマで、丸一日若い時代の研究、多くの文献的考察、自験例からの考察を通してハードな講演をしていただいた。

詳細は http://www.takagi-dental.net/blog/archives/2017/04/78.html

第77回フォーラム終了
2017/01/23

2017年新年あけて最初のフォーラムは、1月21日(土)、22日(日)の両日、東京上野のモリタ研修室で開催された。
今回は、土曜日には国立科学博物館で開催されている「ラスコー洞窟展」を各自見学してからフォーラムに参加。スマイル倶楽部初のクイズ大会を行い、ちゃんとラスコー展を見学してきた人が正解を連発し、山本先生が瀬高先生との接戦の末に初代クイズ王に輝き、高級腕時計が贈られた(写真)。
懇親会はバンブーガーデンの高級焼肉屋で「山形牛」食べつくし。
2日目は終日、高木幸人による「30年のインプラント治療から学ぶ長期安定のカギ」と題した講演。地球の歴史、人類の歴史、歯科の歴史、インプラントの歴史、自身の診療の歴史という構成で、壮大な歯科診療のパノラマを披露した。「賢者は歴史に学ぶ」という、ビスマルクの言葉通り、賢明なるスマイル倶楽部のメンバーは多くの事を学んだ(に違いない)。

第76回フォーラム終了
2016/11/07

11月5日-6日の2日間、山形市において第76回フォーラムを開催した。
5日はアイナリースクエアにおいて、山形大学人文学部人間文化学科准教授の中村篤志先生を招いて「モンゴル遊牧民の今と昔」についての特別講演。一見私たちの歯科とは無縁のようなテーマではあるが、「人を診る」「生活・文化と健康」という点では至極興味深い話だった。
懇親会では、今年の1月から習い始めたという、代表タカギのピアノ演奏初披露。
翌6日は、日本顎咬合学会東北北海道支部学術大会に出席。スマイル倶楽部の会員からの発表も数演題あり、前日とは打って変わって「歯科漬け」の1日となった。

第75回フォーラム 終了
2016/08/01

2016年7月30-31日の両日、第75回フォーラムを開催した。

初日は福島市・飯坂温泉にて。会員の湊谷勤先生、田中寛先生、熊坂覚先生らからプレゼンがあり、浴衣姿での車座フォーラムを日付変更線を越えて熱く行われた。

二日目は、福島県岩瀬郡天栄村にある、和田精密歯研株式会社 東日本加工センターを訪問。最先端のロボット歯科技工を見学した。

第74回フォーラム 終了
2016/03/08

2016年3月5-6日の両日、東京のモリタ研修室にて第74回フォーラムが開催された。
初日は、幅広く歯科医院を展開している東風会理事長・守屋啓吾先生を講師に「これからの歯科医院経営について」のご講演をいただいた。
懇親会は「音音」にて上品な和食の会。
二日目は、新潟県でご開業の重鎮・榎本紘昭先生による「インプラント審美修復とメインテナビリティ」について、終日たっぷりご講演をしていただいた。

詳細は
http://www.takagi-dental.net/blog/archives/2016/03/74.html

第73回フォーラム・20周年記念 終了
2015/11/18

2015年11月7-8日両日、スマイル倶楽部発足20周年記念の第73回フォーラムを、山形市にて開催した。
特別ゲストに、スマイル倶楽部の名誉会長であるDr. Dennis Smilerをはじめ、Mr. Renzo Casellini、東北大学教授・高橋哲先生、Dr. Daniel Snetivyらを招いてシンポジウムを行った。

さらに、山形グランドホテルに於いて約100名の祝賀会も華やかに執り行われた。

詳細は 
http://www.takagi-dental.net/blog/archives/2015/11/20_1.html

第73回「20周年記念」フォーラム 案内
2015/08/25

次回 第73回フォーラムは、本年11月7-8日の両日
山形県歯科医師会館において開催します。
ゲストスピーカーに米国からDr. Dennis Smiler, Mr. Renzo Casellini スイスからDr. Daniel Snetivy、東北大学教授・高橋哲先生らを招きます。

7日(土)には山形グランドホテルにて 20周年記念パーティーも開催予定。

詳細はこちら↓
http://implant-team.net/20th_anniversary/index.htm

第72回フォーラム@東京 終了
2015/08/24

8月22-23日の両日、東京日暮里にあるインプラテックス社研修室においてスマイル倶楽部第72回フォーラムが開催された。

特別講演は麻布十番で開業している富永正志先生から「生命科学と易」の演題でご講演をいただいた。緻密に、計算されたかのように遺伝子情報などの生命現象と易、陰陽思想が一致していることを教えていただき、生命の不思議、運命の不思議を深く考えさせられた。易の仕組みについても初めて知ることができ、単なる運勢占いとは違うということもわかった。鉄腕アトムの運勢や、東京タワーと東京スカイツリーの存在安定度などまで話がおよび、生命学、易学の宇宙的大きさを狭い研修室で実感した。

会員発表は、仙台・山口デンタルスタジオの山口栄二氏。開の発足以前から米国での研修にも積極的に参加され、大変勉強家でもある。デンツプライの「雅」、ノンクラスプデンチャーなどラボでの商品以外でも、独自の咬合理論から新たな咬合採得法をあみだし実践中であることの報告は興味深かった。

懇親会は、「麹蔵・秋葉原店」で薩摩・沖縄料理で大いに盛り上がった。

二日目は、インプラントダイレクト「レガシー」をはじめ、多くのインプラテックス商品を実際に模型や骨を使ってその使用法などを教わった。

最後に国内外でのインプラントの現況について高木の講演があり、フォーラムを終えた。

第71回フォーラム@仙台 終了
2015/05/24

2015年5月23-24日の両日、仙台のシロナデンタルシステムズの研修室およびショールームにて、第71回目のフォーラムを開催した。
初日は東北大学生化学教授の高橋信博先生、2日目は東北大学顎顔面口腔外科講師の千葉雅俊先生と、シロナデンタルのAlex Tinschmann氏を講師に招いてのミーティング。
各地で運動会や歯科医師会の行事があって、参加者が20名に至らなかったことが残念。

高橋信博教授は基礎歯科界では世界の重鎮。
数多くの研究業績がある。そんな中から「口腔生態系と口腔疾患−う蝕、歯周炎、口臭を再考する−」と題して、たっぷり3時間の講演をしていただいた。
歯垢細菌は、糖質とタンパク質がエネルギー源であり、その代謝産物であるアミノ酸が毒性を持ち歯周炎のトリガーになるということや、バイオフィルムによって酸素を還元して、酸素濃度に乱れを生じ、“酸素濃淡電池”を形成して、Tiは腐食するという目からうろこな話が伺えた。

“血を見るのが嫌いな口腔外科医”千葉先生のテーマは「三叉神経障害」について。歯科治療には常に神経障害を生じさせてしまうリスクがあることを再認識。

Alex Tinschmann氏による最近のデジタルソリューションについての話。サージカルガイドを使って、鏡を見ながら自分の左下6番へのインプラント埋入手術を行ったフランスの歯科医のビデオが秀逸で、かなり笑えた。

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

 

 

 

 

 

 

 

 

- Topics Board -